本年度の学校経営及び教育活動の指針と重点課題
本文へジャンプ  
経 営 の 指 針

 ◇ 子ども一人一人の良さや特性を活かした教育活動を推進する。
 ◇ 学校評価システムを活用した開かれた学校づくりを推進する。
 ◇ 学び合い・響き合い・支え合う良好な集団づくりに努める。
 ◇ 授業力や学級経営能力を高め、教職員の協働システムを構築し実践する。
 ◇ 保護者や地域との連携を深め、地域ぐるみの教育を推進する。


重 点 課 題 と 改 善 点
魅力あふれる教育活動の推進
    ○情操教育や本物体験を重視し、感動を大切にした教育活動を実践する。
    ○ハードルを越える喜びと達成感を重視し、自己肯定感を高める。
    ○習得型、活用型、探求型の授業を推進し、確かな学力を育成する。
    ○縦割り活動や集会活動の充実・発展及び児童会活動の活性化を図る。
    ○本音・実感・納得のできる学びの創造と良好な学習集団の育成を図る。
    ○新学習指導要領完全実施に向けた魅力ある教育活動の編成を推進する。

地域連携と開かれた学校づくり
    ○保護者や地域のニーズに迅速に応え、主体的に学校改善に取り組む。
    ○情報発信と受信を積極的に行い、地域ぐるみの教育システムをつくる。
    ○スクールボランティアや地域講師など地域の人材を広く活用する。
    ○学校評価システムを保護者や地域・児童とのコミュニケーションツールとして
     活用する。

安心・安全な学校づくりの推進
    ○不登校や発達障害児への対応を適切に行い、不登校児童を出さない
     組織的な指導を強化する。
    ○「あいさつの花・ありがとうの花を咲かせよう」運動の充実を図る。
    ○食育の推進とともに、健康な心と体づくりのための教育活動を推進する。
    ○地域連携を深め、防災・防犯・事故防止などの危機管理意識を高める。

信頼される教師集団の育成
    ○「授業で子どもを育てる」教師づくりのための資質の向上に努める。
    ○自己研鑽に励み、常に学び続ける教職員集団を形成する。
    ○教師の専門性を活かした交換授業及び少人数指導などの充実を図る。
    ○グループ制を推進し、協働で子どもを育てる意識の高揚と、内に開く経営を
     心がけ、教え合い・学び合いを大切にする